裾カラーにするための3つの方法!裾カラーのメリット、デメリット!!

こんにちは!美容師のまさあきです。

最近人気の裾カラーって何?

裾カラーとは

毛先のみを染めるカラーリングのことで、一度ブリーチして髪の毛の明るくなった状態に、ピンク系、ブルー系、イエロー系などビビットなカラーリングをすることです。

 

毛先のみのカラーリングなので、全体のブリーチはちょっと……ビビットな派手髪を一度してみたいけど勇気がない……など初めて明るめの髪色にする方にも挑戦しやすいのが裾カラーになります。

斉藤
初めてのハイトーンにする方におすすめです!!

どうやって染めるの?

1、まず最初にベースの明るさを決めます!!

毛先に目がいく裾カラーですが、意外と大事なのは裾以外の明るさ! イエロー系でベースが暗いと違和感があったり、ピンク系でベースがあまりにも暗いと強調されすぎてしまいます。ブルー系でしたらベースの色が暗めでもまとまり感があります。このように毛先の色がいい色でもベースの色が変に暗かったり相性が悪かったりすると、せっかくの裾カラーが映えなくなってしまいます!ですのでベースの明るさを決めてから裾のカラーリングのお色を決めすのがオススメです。もちろん裾の色を決めてからでも大丈夫ですが、全体のベースの色は美容師さんとご相談しましょう!!

2、毛先の色を決めて、ブリーチを!!

ベースのカラーリングが決まったらベースの色を染めつつブリーチします。もちろん全体をブリーチしてから裾だけ色を入れる場合もございます。毛先の色によってはブリーチの回数も変わってきますので、ぜひご相談ください

写真のようなビンク系でしたブリーチ一回で可能です。ベースの色はナチュラルな明るのめのブラウン系の色を使っております。

3、染めたい色を入れます!

毛先の色が決まって、ベースの明るさが決まったら染めたい色を入れます!カラー剤で染める場合や、カラーバターで染める場合、マニキュアで染めるなど場合色々なパターンがございます。色の抜け方や、発色の仕方が違いますので、後々もっと色々なカラーリングを楽しみたい!!もうこれで明るくするのは最後!!などなど今後色々なカラーリングのご予定があると思います!場合によってはカラーのチェンジが大変だったりすることがありますので、しっかり今後のカラーリングの予定も加味しながら染めたい色は決めましょう!!

裾カラーメリット

基本的には毛先のみのブリーチなるので、全体のダメージが少なく染められることがメリットです。グラデーションや全体ブリーチと違い毛先のみのブリーチなるのでもしダメージが気になるようでしたら毛先を切ればブリーチした髪の毛がなくなるの全体ブリーチするよりもリスクは少なく染められます。

裾カラーデメリット

毛先のブリーチ部分のダメージや色落ちが早いことです。どうしてもブリーチになるので色落ちがしやすく、ダメージがカラーリングよりもしてしまうのがデメリットです。色落ちやダメージがきになる方は、こちらのシャンプーがオススメです

ピンク系色落ちが気になる方オススメ

青系色落ちが気になる方オススメ

 

最後に

如何でしたか?トレンド感抜群の裾カラーで初めてのブリーチ楽しみましょう!!裾カラーで新しい自分に出会いましょう!!

今だけお得なクーポンホットペッパーから配信してます。ご予約お待ちしております。

ご予約ご相談は@LINEからも承ります

お待ちしております

友だち追加

 

ID:ehe7225b

 

https://www.facebook.com/斉藤正朗-300819110755338/?modal=admin_todo_tour

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:斉藤 正朗 さいとう まさあき 得意な技術:縮毛矯正、まとまるカット、メンズカット 1〜3年アシスタントの期間も過ごし、24歳でスタイリストデビュー! 都内という場所でもう一度挑戦し、技術、接客をレベルアップしたいと思い2019年2月よりalnicoTOKYOで働かせていただく事になりました