ブリーチなしで透明感アッシュカラーにするための方法

こんにちは!美容師のマサアキです。

ブリーチしないと透け感のアッシュにならない…そんなお客様のお問い合わせがここ最近非常に多いです

お客様
でもブリーチは絶対にしなくない…

今回はブリーチなしでどこまで透明感のあるアッシュになるのか…試してみました!!

お客様
そもそもなんで黒髪だと透明感出ないの??
斉藤
今回はそこもしっかりと説明していきます

なんで黒髪だとアッシュにならないの??

日本人の多くは、4〜6レベルの元々の髪の毛に赤系の色素がある髪の毛になります。外国人は、黄色の色素や青色の色素のある髪の毛なので 外国人のような透明感を出すためには一度赤みを削る必要があります。明るくすると赤味が少なくなるので、明るくした後に青色や黄色のカラーリングをする必要があります。ですので、多くの美容師さんは一度ブリーチを進める場合がございます。

 

お客様
元々の色素が赤い色素の髪の毛だから明るくすると赤オレンジの色の髪の毛になるのね!!

 

※少しわかりにくいですが上の写真のようん4〜6番の髪の毛を日本人はしております。

カラーリングの考え方

ヘアカラーはこのような色相環で考えたりします。

このような図が色相環になります。青のアッシュはオレンジの反対の色味になっているのがこの図を見るとわかると思います。基本的には反対の色を入れると赤みが消え透明感が出てきます!もちろんベースの明るさにもよるのなんとも言えない部分はありますが…(汗)

アッシュは髪の毛のオレンジを打ち消す色味になりますので黒髪のだと髪の毛の元々の色素のオレンジがしっかり残っているので黒髪からのアッシュだとどうしてもオレンジ感がまさってしまいます。

お客様
じゃあどうすればいいの?

ブリーチなしアッシュにするために

バージン毛(カラーもパーマも何もしてない髪の毛)のお客様ですが、赤みを少ない髪の毛少ないアッシュにするために今回は、ダブルカラーという選択をしました。

お客様
ダブルカラーってブリーチでしょ?痛むんじゃないの?
斉藤
ブリーチは使いません!カラー剤の一番明るいやつを使ってからその後にアッシュ系のカラー剤を使って染めます

 

赤みが強い髪の毛ですが、今回はブリーチを使わないダブルカラーという選択をしました!

ブリーチを使わないので、あまりパサつかないで赤みがない色に出来ます。

今回は短期間で赤みの少ない色にするためにブリーチなしのダブルカラーにしました!痛ませたくない、直ぐにいい色を出したいそんなお客様にはそんな選択ありだと思います!

よりベージュ系の色にする場合はブリーチをおすすめいたしますが、ナチュラルに決まり、日本人でも相性がいいツヤ感のあるカラーはブリーチなしのアッシュカラーだと思います。

今後より赤味の少ない透明感アッシュにするためには?

今後より赤味の少ない髪の毛にするためには 定期的にアッシュを入れるとより赤味の少ない髪の毛になります。アッシュの色を入れていくと、どんどん染めた場所の髪の毛の赤みが徐々になくなっていくので長期的にアッシュを入れていくとダブルカラーをしなくても透明感アッシュカラーになります。

斉藤
どんどん透明感が出てきますよ!!

長期間髪を任せていただければより綺麗でツヤ感のあるアッシュカラーにできます。

最後に

まさあきは、ブリーチなしで

短期間で綺麗な色にしたいなら ブリーチなしのアッシュカラーをお勧めいたします!

長い期間でダメージ少なく透明感を出したいなら、アッシュカラーを定期的に入れることを勧めいたします!

ブリーチなしでも透明感アッシュは出来ます。あとはお客様がいつ最適な状態に持っていきたいか?があると思いますのでしっかり相談して決めさせて頂けたらと思います。

インスタグラムなどの今画像の加工が多いです。実際にこの色にならなかったのどのお問い合わせも数多く頂きます。ですので当たり前ですが加工なしでお送りさせて頂いております。

 

@LINEからご予約承れます

 

ぜひお待ちしております

LINE

ID:ehe7225b

 

 

 

 

 

https://www.facebook.com/斉藤正朗-300819110755338/?modal=admin_todo_tour

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

名前:斉藤 正朗 さいとう まさあき 得意な技術:縮毛矯正、まとまるカット、メンズカット 1〜3年アシスタントの期間も過ごし、24歳でスタイリストデビュー! 都内という場所でもう一度挑戦し、技術、接客をレベルアップしたいと思い2019年2月よりalnicoTOKYOで働かせていただく事になりました